カテゴリー別アーカイブ: 日記

頭皮の【赤】 

頭皮の色を確認してみてください。

『赤』になっているなら

それは『炎症』が起きているかもしれません。

主な原因は

・紫外線

・汗

・薬剤の残留

・強い刺激(お湯の温度など)

などが多いのですが

これは、外からの刺激が原因になっていることが多いです。

『赤』→炎症→熱をもつ→水分がとぶ→乾燥または脂が過剰に出る

こうなった時は

頭皮の洗浄がおすすめです。

ご自宅でできることは、ぬるめのお湯で洗ってください。

間違えやすいのが、

脂がで過ぎて頭皮がベタベタするかと
洗浄力の強いシャンプーで洗い過ぎないでください。

頭皮の色はカラダのバロメーター

頭皮の色って気にしたことありますか?

頭皮の色は

『あなたの体調を表すバロメーター』なのです。

一人一人頭皮の色は違いますし、その時の体調でも違いが出ます。

今まで意識したことがなった方は、一度周りの人に見てもらってください。

そこで何色があるかというと、、、

大まかに分けて5つに分類できます。

青・赤・黄・白・黒

この5種類のうちどれがどんな状態の時になるかというと、、、

青→ベストな状態

赤→炎症気味

黄→血液量が少ない

白→円形脱毛症

黒→壊死

とこんな感じで分類されます。

頭皮の色によって体調がわかるって

すごいですよね。

詳しくは次で書いていきますね。

ドライヤーで変わること

ドライヤーで変わること

髪の乾かし方で
『ツヤ』『潤い』『おさまり』
が全然違うって
知ってましたか??

髪を乾かすときに
あなたはどっち??
『上から下へ』
『下から上へ』
たったこれだけなんですが
結果が全然違ってきます。

【ツヤ】【潤い】【おさまり】
が欲しい方は
『上から下へ』乾かしてください
そうすると
髪の表面がパサつかずに
ツヤツヤになります。
髪にクセがある方なら
知ってる‼️当たり前‼️
ってなるでしょう。
そうなんです。
クセ毛の方は『上から下へ』
乾かさないと大変なことに
なっちゃいます!

逆に『下から上へ』
乾かすのがオススメな人は
ボリュームが欲しい人
早く乾かしたい人なのですが
そこにはちょっとした
テクニックも必要になってくるので
一度美容師さんに
教えてもらってから
やったほうがいいですよ!!

乾かし方で
ツヤ感、おさまりに
チャレンジしてみませんか?

シャンプー選び 悩んでませんか?

image1.jpeg

シャンプー

今の状態に合っていないシャンプーを使っていませんか??

シャンプーの間違った使い方として、

シャンプーしてあまり流さないでいたり、

または、洗浄力の高いシャンプーをダメージした髪にもみこんでいませんか?

(洗浄力の高いシャンプーがわからない方は
シャンプーした後に流すと髪がキシキシして指が通らないや
シャンプー後にすぐに頭皮が痒くなるなどの症状を感じるシャンプーです)

その後にトリートメントを髪に重ねつけるという方法で

髪をしっとりさせる方法があります。

これは髪の表面をコーティングすることであり、

一見ダメージ補修をしているように見えますが、

実は厚化粧をしている状態と一緒で

髪がなおったように誤魔化してしているだけです。

まだまだこれからも髪を大切にしたいし

お洒落したい髪にすべき方法ではありません。

あなたがお使いのシャンプーは

今の状態に合っていますか??

髪の悩みは1人1人違う ダメージケア

ケア

✨【髪のケア・改善の一例】✨
✅髪のダメージケア
→カラーやパーマや
アイロン、コテのやりすぎで
髪がパサつきや
乾きにくくなってくてると
気になったりしますよね。

✅髪のひっかかり
→ご自身で
ホームカラーをしてると
ひっかかりがでてきたりします
せっかくキレイにしたいのに
すぐ色が落ちたり
ひっかかたりしたら
なんの為にカラーを
したんだろうって
なっちゃいますね

✅広がり、うねり
→髪に潤いがなく乾かすと
広がったりうねったり
いままでの髪とは
全然違う手触りに
なって悩んでませんか?

✅うなじのチリチリ
→うなじのチリチリ
いつのまにか出てきて
さわるとボコボコと
気になってしまって
縮毛矯正をしたほうがいいのかな?
ってなってませんか?


そんな髪の悩みは
Ricoにご相談ください。

いままでのやり方を
ちょっと
変えるだけで改善する方や
通っていくと
かなり変わる方や
なんと
縮毛矯正をしないでも
いい髪になった方など
たくさんのお客様から
うれしいお声を
いただいてます

夏の終わりに気をつけてほしいこと

エアコン

今はエアコンのある生活は
快適で今ではなくてはならない存在ですし、
エアコンを避ける事もなかなか難しく欠かせませんよね?

ですがエアコンはメリットばかりでなく、
夏のエアコンは快適ですが逆に冷えすぎて乾燥してしまい体調を崩しやすく
髪にとっても良くない状態です。
外は紫外線を浴び猛暑で頭皮と髪は日焼けし、汗をかいて蒸れてしまいます。
そして室内に入るとキンキンに冷えたエアコンの中で、
一気に冷えて乾燥します。
当然髪はダメージを受けてしまいます。

エアコンから髪をまもるにはどうしたらよいのでしょうか?
エアコンの風が直接髪に当たると髪はダメージを受けやすくなります。
可能な限り直接髪を風に当てないように工夫しましょう。

乾燥は髪の大切な水分を奪います。健康な髪は水分を11〜14パーセント程含んでいます。
乾燥が進むと髪の表面はダメージを受けやすくパサパサになります。

さらに潤いがなくなり強度を保てなくなります。
そして抜け毛や切れ毛というダメージにつながっていきます。

髪の乾燥が健康な髪にとっては大敵なので、
髪の水分をキープしておけるようにホームケア・ヘアケアを選んであげましょう。
髪と頭皮をまもることが
髪の静電気も予防することに繋がります。

いつものホームケアを変えて集中的にケアをして
エアコン対策をして、髪の水分には十分気をつけましょう。

食べ物

image0.jpeg

食べ物

偏った食事が生えてくる毛に影響するのは知っていますか?

あなたが食べたモノがあなたの髪を育んでいきます。

生えてくる髪がいい状態にする

そのためには食事は大事です。

髪にとっていいものは

たんぱく質・ミネラル・ビタミンA・ビタミンB・ビタミンE・ビタミンC

が髪に必要とされている栄養素です。

タンパク質→
大豆、レバー、鶏ささみ、卵など

ミネラル→
牡蠣、えび、ワカメ、のり、オクラ、山芋など

ビタミンA→
緑黄色野菜、鶏レバー、など

ビタミンB→
バナナ、ナッツなど

ビタミンE→
ごま、魚介類、オリーブオイルなど

ビタミンC→
ゴーヤ、ブロッコリーなど

日焼け止めの種類

SPFの数字は、

日光に当たったときに、

日焼け止めを塗らない状態に

比べて肌が赤くなるまでの時間を

何倍に延ばせるかを数値にしたものです。

日焼けは紫外線の影響で

なるので

紫外線の影響で

肌が赤くなってしまうまでの

時間には個人差がありますが、

一般的には15分程度だと

言われています。

SPFの数値は、SPF1=約20分、

UV-Bを防ぐと言われています。

つまり、SPF1は何もつけない状態より

日焼けを20分遅らせるということを

表しているのです。

そのときに

SPFにも

いろいろ数値の種類が

ありますが

肌に日焼け止めを塗り重ねた場合は、

SPFの高い方の数値が目安です。

ただ、

SPFは数値が高いと乾燥しやすかったり、

肌に与える負担が大きくなりやすいこと

もあると言われています。

SPFは

わかりやすくいうなら

肌を赤くする作用のある紫外線を

カットしてくれるモノですね。

そのほかにPAというのも

聞いたことや見たことがあると

思いますが

それはまた違う紫外線を

カットする役割をはたします。

日焼け止めの種類

涼しくなってきましたが

いまは

一年中と日焼け止め必要です!!

その

日焼け止めは、紫外線をブロックしてくれるモノですが、

そのブロック方法は大きく分けて2種類あるのは知っていましたか?。

☆1つは鏡のように紫外線を反射させることで肌へ紫外線が届くのを防ぐ目的の
「紫外線散乱剤」

☆1つは紫外線を吸収し、そのエネルギーを熱に変換し紫外線から守る目的の
「紫外線吸収剤」です。

紫外線散乱剤とは
主な成分は酸化チタンや酸化亜鉛などとなっており、
肌に塗ることで肌が白っぽくて重い印象を与えてしまう場合があります。
肌にかかる負担は比較的軽く、敏感肌の人や肌が弱い人でも手軽に使用することができるといわれています。さらに、酸化亜鉛には炎症を抑える効果が期待できるため、
日焼けによるほてりを抑える効果が期待できます。
紫外線を乱反射させて照射方向を変える効果があります。
紫外線を弾くことによって肌の表皮細胞への到達を防いでくれます。
肌への負担が軽く、長持ちする反面、、白浮きや付け心地は、よくありません。

紫外線吸収剤とは

ファンデーションなどの原料として使用されることもある金属酸化物などが原料。
ファンデーションを付けるだけで日焼け防止になる、といわれるのはこのためです。
肌への負担が軽く、成分が壊れないため長持ちします。
成分そのものに紫外線を吸収する効果があり、
肌の表皮細胞にまで紫外線が到達するのを防いでくれます。
紫外線遮断効果が高く付け心地がよい特徴がありますが、
吸収された紫外線は熱に変換されるので、周囲の温度は上昇しまい
肌への負担が高く、時間と共に効果が薄れてしまいます。

紫外線散乱剤で紫外線を“反射する”、
紫外線吸収剤で紫外線を“吸収する”。
どちらにも長所と短所がありますので
うまく使い分ける事も大切です。

頭蓋骨矯正ヘッドスパをとった理由

『頭蓋骨矯正ヘッドスパ』をとった理由

ヘッドスパは
最近よく聞きますよね??

Ricoでも
ヘッドスパをとりいれようと
考えていたのですが
髪をまもる専門店として
そのときだけの『癒し』だけだと
少し物足りなくて
お客様の悩みを解決できる
ヘッドスパがなにかないか
探していました。

そんなある日
お客様が
噛み癖があるらしく
そこから頭痛や肩こりがおきて
ツライと相談され
探しに探して
『頭蓋骨矯正ヘッドスパ』に
出会いました。

普通のヘッドスパでの
リンパを流すだけではなく
噛み癖、食いしばり、姿勢など
日々の生活習慣によっての
頭の歪みを整えていくことができ
『癒し』の効果はもちろん
それよりも普段の生活が
すごしやすくなるということと

今は、スマホを欠かせない世の中に
なっているので
肩こり、首こり、眼精疲労にも
効果がありなので

ぜひ一度ご相談ください。