カラダと髪について 日焼け止めの種類
コメント

日焼け止めは、紫外線をブロックしてくれるモノですが、

そのブロック方法は大きく分けて2種類あるのは知っていましたか?。

☆1つは鏡のように紫外線を反射させることで肌へ紫外線が届くのを防ぐ目的の
「紫外線散乱剤」

☆1つは紫外線を吸収し、そのエネルギーを熱に変換し紫外線から守る目的の
「紫外線吸収剤」です。

 

紫外線散乱剤とは

主な成分は酸化チタンや酸化亜鉛などとなっており、
肌に塗ることで肌が白っぽくて重い印象を与えてしまう場合があります。
肌にかかる負担は比較的軽く、敏感肌の人や肌が弱い人でも手軽に使用することができるといわれています。さらに、酸化亜鉛には炎症を抑える効果が期待できるため、
日焼けによるほてりを抑える効果が期待できます。
紫外線を乱反射させて照射方向を変える効果があります。
紫外線を弾くことによって肌の表皮細胞への到達を防いでくれます。
肌への負担が軽く、長持ちする反面、、白浮きや付け心地は、よくありません。

 

紫外線吸収剤とは

ファンデーションなどの原料として使用されることもある金属酸化物などが原料。
ファンデーションを付けるだけで日焼け防止になる、といわれるのはこのためです。
肌への負担が軽く、成分が壊れないため長持ちします。
成分そのものに紫外線を吸収する効果があり、
肌の表皮細胞にまで紫外線が到達するのを防いでくれます。
紫外線遮断効果が高く付け心地がよい特徴がありますが、
吸収された紫外線は熱に変換されるので、周囲の温度は上昇しまい
肌への負担が高く、時間と共に効果が薄れてしまいます。

 

紫外線散乱剤で紫外線を“反射する”、
紫外線吸収剤で紫外線を“吸収する”。
どちらにも長所と短所がありますので
うまく使い分ける事も大切です。